So-net無料ブログ作成

とんび ドラマ キャスト紹介 [テレビ]

スポンサーリンク




このドラマ「とんび」の
メインとなる市川家のキャストを紹介・

市川安男 - 内野聖陽
市川旭 - 佐藤健
  3歳 - 五十嵐陽向
  6歳 - 荒川槙
  11歳 - 福崎那由他
市川美佐子 - 常盤貴子


その他のドラマ「とんび」キャスト

坂本由美 - 吹石一恵
幸恵 - 加藤貴子
照雲 - 野村宏伸
葛原鉄矢 - 音尾琢真
尾藤社長 - ベンガル
たえ子 - 麻生祐未
海雲 - 柄本明



ちなみに2012年1月7日・14日に
NHK総合で放送されたときのドラマ「とんび」のキャストは、

市川安男(通称/ヤス) - 堤真一 (幼少時:矢部光祐)
たえ子(小料理屋の女将) - 小泉今日子
市川アキラ(旭・ヤスの一人息子) - 池松壮亮 (3歳 - :田中奏生、12歳 - :今井悠貴)
照雲(住職) - 古田新太
市川美佐子(ヤスの妻) - 西田尚美



主演の内野聖陽は日曜劇場出演は、
『JIN-仁- 完結編』(2011年4月期)以来。

TBS系列の連続ドラマではドラマ「とんび」が初主演となる。

常盤貴子は『ロング・ラブレター〜漂流教室〜』
(2002年1月期、フジテレビ)以来11年ぶりの
民放連続ドラマレギュラー出演。

日曜劇場への出演は『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』
(2000年1月期)以来13年ぶりとなる。



ドラマ「とんび」の市川家のキャラクター

市川安男(キャスト:内野聖陽)

1934年(昭和9年)、広島県備後市生まれ。通称、ヤス。

某工業高校卒業後、運送会社に就職。

1959年(昭和34年)、美佐子と結婚し、
3年後の1962年(昭和37年) に長男・旭を儲けた。

妻・美佐子が事故で亡くなってから、
シングルファザーとして不器用ながらも
アキラを優しく真っ直ぐに育つことになる。


市川美佐子(キャスト:常盤貴子)

安男の妻。1936年(昭和11年)生まれ。

1945年(昭和20年)、疎開中だった9歳の時、
同年8月6日に広島市に原爆が投下され、家族を失い戦災孤児となる。

その後、岡山、四国の親戚の家へ次々と移り住む。

1959年(昭和34年)、安男と結婚し、3年後にアキラを儲ける。

1966年(昭和41年)夏頃、2ヵ月後に
4歳になるアキラの目の前で庇うようにして木箱の下敷きになり死亡する。


市川旭(キャスト:佐藤健)

安男・美佐子夫妻の長男。

母が死んだ本当の理由は知らぬまま育つが、
不器用な父親と周りの人々の愛情を受け、
「とんびが鷹を生んだ」と称されるほど
優秀でまっすぐな青年に成長していく。

学力に長けており、高校卒業後は地元を離れ
早稲田大学法学部に進学する。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FXと外貨預金

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。