So-net無料ブログ作成
検索選択

宮崎駿公認舞台ジブリ作「もののけ姫」がGWに日本上陸決定!! チケット情報 公演日 [イベント]

スポンサーリンク




main_large.jpg

1997年に上映されたジブリの作品、[もののけ姫]が舞台として日本に帰ってくる事が決定したそうです。 なんでも宮崎駿が鑑賞して公認した公式のもののけ姫の舞台版です。

アシタカやサン、ヤックル?が実写で甦るとは思っていもいませんでした。

4月2~6日にロンドン・ニュージオラマシアターで行われる公演は、チケット発売から72時間で完売するなど注目の高さがうかがえますね〜。
やはりジブリ作品は海外でもとても人気で私がニュージーランドに留学に行った時も崖の上のポチョが上映されていたり、トトロやパンダ子パンダのDVDが売られていたりと人気を感じました!

もののけ姫は日本の文化が凄く丁寧に描かれているので、海外の方は理解出来るのかな?と疑問に思いましたが、もののけが上映された時も、アメリカ、カナダ、イギリスと幅広い国々で上映されていましたし、数々の賞も受賞しました。

コラボレーションに踏み切った理由を「ジブリの中でも宮崎作品は、ハリウッドや日本の劇団でも舞台化したいとオファーがあったが断ってきました。でも、友人のニック・パーク(『ウォレスとグルミット』シリーズ)からメールで舞台化の話を受けて、彼(宮崎監督)を呼んで一緒にテスト映像を見たとき、ものの3秒くらいで『いいよ、やろう』と。彼の直感でしたね」と説明。そして、「(舞台化にあたっての)リクエストはありません。イギリスの人がどういう解釈をするのかが楽しみ。『もののけ姫』を見てどう感じたのか、舞台で見せてほしい」と期待を寄せたそうです。

楽しみですね〜海外の人がどう感じるかも気になりますね。

チケット情報はこんな感じです。
舞台「Princess MONONOKE~もののけ姫~」は、4月29日~5月6日に東京渋谷のアイアシアタートーキョーで上演される。チケットは、全席7500円で3月6日午前10時から先行予約、4月6日午前10時から一般発売開始。

あらすじ
「もののけ姫」は、タタリ神にかけられた呪いを解くため旅をする少年アシタカ、もののけ姫と呼ばれる少女サンの出会いを軸に、太古の自然に息づく神々と文明発展のため森を切り開く人間の戦いから、“命”のありかたを問いかける。1997年に劇場公開され、累計興行収入193億円を突破。アニメ作品として初の日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した。



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
FXと外貨預金

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。