So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 バイオハザード 日曜洋画劇場で放送 あらすじ 感想 ミラジョボビッチ [映画]

スポンサーリンク




img_587955_23856098_3.jpg

今日は日曜洋画劇場で放送されているのが、バイオハザードです。

元々はゲームが原作であり、プレステーションで一作目がカプコンから販売されてから、
瞬く間に人気ゲームになりました。
今ではバイオハザード6まで販売されています。他にも外伝要素のあるやつもでています。

漫画もありますし、ゲームも映画も、バイオの名があるものはとても人気があります。

海外からこんなに評価されているゲームって凄いですよね!!!

あれすじ

21世紀初頭。全米No.1の巨大複合企業であり、アメリカでの家庭用医薬品シェア90%を誇るアンブレラ社。その裏の姿は、細菌兵器の開発などを行う“死の商人”であった。
ある日、アメリカのラクーンシティに存在するアンブレラ社の秘密地下研究所「ハイブ」で、研究中のT-ウイルスが漏れ出すバイオハザードが発生。ウイルス発生時に研究所の各所が封鎖されたため、所員全員がT-ウイルスに感染し死亡した。この事故を知ったアンブレラ社は、ハイブの制御コンピュータ「レッド・クイーン」をシャットダウンするため、特殊部隊を現地へ派遣する。その頃、広い洋館の一室で記憶喪失の女性アリスが目覚める。何も思い出せぬまま彷徨うアリスは、突然謎の男性に抱きかかえられ、次いで突入してきた特殊部隊によって彼共々捕らえられる。部隊長らしき男性から報告を要求されるも、アリスにはその言葉の意味がわからない。部隊長らしき男性が言うには、記憶喪失の原因は屋敷の防衛システムが放出した神経ガスの副作用によるものとのこと。また、アリスと共に捕らえられた男は「警官だ」と名乗るが、警察手帳に記載されていた「マット・アディソン」という名前は、警察のデータベースには存在していなかった。隊員たちがマットとアリスを連れて屋敷の地下へ移動すると、そこにはハイブへ繋がる地下鉄道が敷設されていた。一同は列車に乗り、バイオハザードの現場へ潜入する。

という感じです。僕は一作目が一番えげつないシーンが多いと思います。
ゲームでは雑魚キャラのリッカーがボス的な感じでラストに出てくるのですが、何故にリッカーなんだろうと少しざんねんでした。。ミラジョボビッチはこれで、ブレイクしたと言っても過言じゃないですか。

映画もですが、ゲームもおすすめです!!


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
FXと外貨預金

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。